David Austin ローズガーデンレポート その4

雨降ったり、晴れたり、曇ったり、典型的な変わりやすいイギリスの天候でした。

さあ、どんどんレポート書いていかないと、忘れてしまいます。

雨粒がつまめそうなこの写真からスタート。
a0270807_18263130.jpg


続いて、ピンク系のローズガーデンへ足を踏み入れていきましょう。
a0270807_18274499.jpg


上空では、航空ショーの真っ只中。
a0270807_18282782.jpg


ローズではなくて、皆さん、思わず上を見てしまってます。
a0270807_1831325.jpg


次男と娘も休憩しながら、ショー鑑賞中。
a0270807_1829317.jpg


バラをみたり、ショーを見たり。。。それなら、バラと飛行機を一緒に撮っちゃいましょう。
a0270807_18312946.jpg


「The Generous Gardener ザ・ジェネラス ガーデナー」
優しいピンク色のクライミングローズ。園内の至るところにあったっけ。
とってもヘルシーなバラみたいですね。
a0270807_1833084.jpg


今日の締めくくりは、怪しげな像のまわりに彩られたパープルのバラで。
多分、「Darcey Bussell」だった気がするけど、自信は全くないでーす。
a0270807_18333624.jpg


では、また明日。(多分)


人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

# by chocochan-uk | 2012-06-22 04:06 | ナーサリー、ガーデンセンター

David Austin ローズガーデンレポート その3

さあ、続いて、ガーデンレポート第3弾いきます。

歩いていった順番に写真を紹介していきましたが、今日は私が特に気に入ったバラを紹介します。

本やみなさんのブログなどで、素敵なバラの写真を見ながら、こんなバラが家のガーデンにもあったらいいなあなんて妄想していたわけです。

もちろん、ピンクや赤系バラも良かったですが、実際に目で見て、惹かれたのが、アプリコットやオレンジ系のバラでした。

まずは、この「Summer Song サマーソング」というバラ。
a0270807_188106.jpg

色は濃いオレンジ。英語では「Burnt Orange」焦げたオレンジって直訳だけど。
日本語では樺色(かばいろ)って表現するみたいですね。
a0270807_1885718.jpg

形も丸っこい感じで、だんだんフルカップに開いていくそうです。
まだあまりたくさんは咲いてなかったけど、これからが本番でしょう。
返り咲きもエクセレントで、香りも強い、優れたイングリッシュローズ。

もう一つは、「Lady of Shalott レディ・オブ・シャーロット」
2009年作出された新しいバラです。
a0270807_17595480.jpg

ラベンダーとの相性もバッチリですかね。

a0270807_1822249.jpg

少し黄みがかったオレンジで、ほんと素敵でした。
a0270807_1816025.jpg

こちらのはまだまだほとんど咲いてませんが、とにかく気に入った。
a0270807_1821246.jpg

カタログには、丈夫で強健育てやすい、返り咲きもエクセレントとある。

もう一つ前記事でも紹介した「グレース」も合わせて、どれにするか非常に迷ったが、とりあえずお持ち帰りすることにしたのは、こちら
a0270807_1921473.jpg

「Lady of Shalott レディ・オブ・シャーロット」 16.95ポンド(約2100円)
a0270807_1923568.jpg

まだ、そのまま鉢植えのままですが、今日みたら、少し蕾が開いてきたのがありました。
蕾は赤みがかってます。

同じような色合いのバラを同時にいくつもは今は合理的でないので、サマーソングとグレイスはあきらめましたが、いつかまたの機会にでも。

では、今回の締めくくりは、これらの写真でもどうぞ。
名前は確認し忘れたけど、オレンジ系とピンク系のバラの共演に見えます。
a0270807_19165654.jpg

a0270807_19161649.jpg



人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

# by chocochan-uk | 2012-06-20 19:26 | ナーサリー、ガーデンセンター

庭の花が咲いてくるとうれしいもんだね。

ようやく、気温も安定してあがってきた感じ。
20度ほどになってきた。ここ数日は太陽さんも長く顔を出してくれ、お庭の花たちもいよいよ出番です。

というわけで、DavidAustinのガーデンレポートの前に、我が家のお庭の花をちょっと紹介したいなと。

いちごもようやく少しずつ収穫ですが、我が家は競争が激しく、私のところまで回ってくるのは、まだ先になりそう。一口だけかじったけど、むっちゃ、スウィート~でした。
a0270807_17204425.jpg


ホスタ”Mrs Minky”のラベンダーカラーのかわいらしい花をつけてきた。
a0270807_17211726.jpg


それから、パーゴラに這わせた生育旺盛なハニーサックル。
小さな白系の花を咲かせはじめた。去年小さな苗で買ってから、花を初めて咲かせた。
最終的にどんな感じになるのか、楽しみだな。
a0270807_17215456.jpg


おなじみ、グラハムトーマスも輝きを放ってます。
もっともっと咲いてくれ~
a0270807_1722239.jpg


最後は、寄せ植えにした、カンパニュラの1種。
Campanula garganica "Dicksons Gold”
a0270807_17225370.jpg


天気がいいと、庭に出たくて、うずうずしてきます。
写真を撮りながら、ボーと眺めてるだけで、ハッピーな気分に。

日に日に華やかになっていくガーデンを見るのは、いいものですね。


人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

# by chocochan-uk | 2012-06-20 09:19 | ガーデニング

David Austin ローズガーデンレポート その2

引き続き、David Austin ローズガーデンレポートその2をお送りします。

昨日は建物横の鉢植えされたバラたちを紹介しました。
全体写真を撮ってないので、忘れてしまいましたが、20種類ほどはあったでしょうか。
鉢植えといっても、巨大な鉢でしたが。

その敷地内の壁際には、ランブラーローズが誘引されてましたが、まだ蕾オンリーでした。
ちなみに、バラの名は「Belvedere」 初耳でしたが、ソフトピンクの花を咲かせるようですね。
a0270807_17134298.jpg


一応テーマごとに分かれている感じでしたが、最初のガーデンはコッテージガーデン風だったでしょうか。
名前はついていたかも知れないけど、見落としました。
バラと他のプランツとのミックスボーダーでした。

全体像はこんな感じ。といっても、大きさはこの写真の倍以上あります。
a0270807_17145473.jpg

意図した訳ではないですが、左側に花を見ていた娘が入り込んでました。

濃いピンク系のバラとラベンダーカラーの花とのコラボ。素敵です。
a0270807_17201643.jpg


壁側にはもちろん、クライミングやランブラーローズがいっぱい。
a0270807_17212364.jpg


ゼラニウムはバラと相性いいんですね。たくさん植えてあった。
a0270807_17225450.jpg


ここのベンチで持参したサンドイッチを食べて、ちょっと休憩。
バラに囲まれ、至福のときです。
a0270807_17235493.jpg


かわいらしいピンクの花も。
Persicaria Bistorta "Superba"とありました。
ちょっと調べてみると、6月から10月まで花を咲かせる宿根草みたいですね。
今度ナーサリーで探してみよう。
a0270807_17253047.jpg


これは、グレースだったかな?アプリコット系のバラに惹かれるみたい。
a0270807_17281457.jpg


まだ蕾も多いですが、満開になったらもっときれいなんだろうなあ~
a0270807_17292535.jpg


たまには、バラのドアップも。
a0270807_17301538.jpg

「Teasing Georgia ティージング・ジョージア」 半日影でも大丈夫で丈夫なショートクライミングローズ。
Henry Edland Medalの2000年大賞受賞(ベスト芳香部門?)らしいです。
確かに良い香りがしたなー。
これも至るところに植えてあったような。大きなカップのクライミングで見栄えも抜群ですね。


「Princess Anne プリンセス・アン」とゼラニウムの共演かな?
a0270807_17332337.jpg


スイマセン、何だか疲れてきました。
後は、写真たちに語っていただきます。
a0270807_17312815.jpg

a0270807_17344511.jpg
a0270807_17355894.jpg

a0270807_17391365.jpg


明日はまた続きをがんばりマス。


人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

# by chocochan-uk | 2012-06-19 19:08 | ナーサリー、ガーデンセンター

ついに実現。David Austin ローズガーデンへ行く。その1

いまだ、夢見心地な月曜の午前中。
それもそのはず、数え切れないほどのバラに囲まれてきましたから。

David Austinのガーデンは我が家から97マイル、約156キロほど離れたところにあります。
天気は多少心配だったものの、待ちきれず、決行しました。
ほとんどモーターウェイ(高速道路)を通り、1時間45分ほどのドライブで到着。

ガーデン近くになり、かなりの渋滞というか、道路わきにたくさん車が停まっている。
何事かと思ったら、近くの基地で航空ショーが行われる日だったみたいだ。
ガーデンへ続く道にも、サインがあり、「ガーデンのカスタマーオンリー」と書いてある。

駐車場へ入っていくと、今日は航空ショーがあるからということで、駐車場代を徴収された。
でも、ガーデンでお買い物すれば、返金してくれるらしい。

a0270807_1931139.jpg

ほんと、何やら飛行機が見える。
でも、いやいや連れてきた息子たちにとっては、他に楽しみがあってよかったよ。
偶然に感謝!

a0270807_1836736.jpg

じゃじゃーん、ここがDavid Austin ローズガーデン。
カタログなどで、もしかしたらおなじみかも知れません。
この建物は、レストランで、バラを見ながらお食事なんて、なんてロマンチックなんでしょ。

出入り口はこちらから。
a0270807_18411095.jpg

あ~もう至る所にバラたちがお出迎え。
もう興奮しすぎて、鼻血寸前なあたし。

中に入ると、おしゃれなガーデニング雑貨たちが目に入り、ついつい立ち止まってしまいますが、旦那の「バラを見に来たんでしょ?」の声に、とりあえずバラを見に外へ出ることに。
a0270807_18452783.jpg


外にでると、すぐ脇に「グラハム・トーマス」さまがお出まし。
a0270807_18491577.jpg


建物横のスペースは、見たことがないような巨大な鉢植えのバラたちがおいてあった。
a0270807_1912456.jpg

「Grace グレイス」 すごい気に入ってしまって、最後まで他のバラとどちらを買うか迷った。

a0270807_1922568.jpg

「Wisley 2008 ウィズリー2008」 お美しい~

a0270807_1942158.jpg

「Darcey Bussell ダーシー・バッセル」 ガーデン中至るところに植わってた印象。
カタログ見てみて納得。「one of the best and most healthy red roses(赤いバラの中で、もっとも病気になりにくいベストな品種のひとつ)」と書いてあり、自慢のバラみたいですね。
返り咲きもエクセレントとあります。

屋根の上を見ると、何やら緑の物体が見えます。
何か分かります?(スマホはズーム機能がないので、遠目ですが。。。)
a0270807_195110.jpg

分かった人は目がいいですね。
くじゃくが2羽、いるんですよ。

さあ、いよいよ本格的なガーデンへ入っていきますが、とりあえず今回はここまで。
もったいぶってる訳ではありませんよー。娘とも遊んでやらないとね。

いつも、読んでいただいてありがとうです。

人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

# by chocochan-uk | 2012-06-18 18:56 | ナーサリー、ガーデンセンター