Shrubリサーチ、庭の果樹のこと

今日、7日はバンクホリディで祝日。

家族で近くのサファリバークでも行こうかと思っていたけど、天気が悪くなりそうで、却下。
やっぱり雨が降り出したので、行かなくてよかった。

市内でガーデンショーもやっていたが、こちらもあきらめた。

鬱陶しいこの天気、いつになったら終わるのかな?

ということで、家で、庭に植えたいShrub(低木)をリサーチすることにした。

evergreen(常緑) deciduous(落葉)semi-evergreen(半常緑)のどのタイプにするかとか、花や実をつけるものありとか、秋に紅葉するものとか、、、恐ろしいほど種類がある中から、頭を悩ませながら、候補を絞っていく。

リストアップしたので、今週にでも、近くのNursery ナーサリー(苗木売ってるところ)まで見に行ってみようと思う。

それと今日は、コーヒーのカスが肥料になるということを学んだ。
うちには、大きなコーヒーマシーンがあって、ボタン一つでコーヒーが飲めるので、毎日何杯も飲む。
それをガーデンに再利用できるなんて、何て素敵なはなし。

早速、瀕死のツバキのまわりにかけてきました。

ツバキはこちらでも人気があるが、これが英国では、なかなか育てるのに難しいものだったみたいで、ビギナーにはちょっと敷居が高かったかなと後悔しているのだ。去年の冬に、ガーデンセンターで2つ買うとお買い得に乗せられて衝動買いしてしまった。
まずは、酸性の土(イングランドはアルカリ土)に植えないといけないし、水も極力雨水がいいし、植えたところも朝日があたるところで、ダメだったみたいだし。。。ちゃんと調べてから植えないといけないね。
もう一つは大丈夫そうなので、無事育って、素敵な花を咲かせてくれるといいんだけど。

まただらだらと書いてしまった。
この辺で写真を。

去年秋から、裏庭大改造にとりかかり、一番最初に地植えしたのが、果樹類でした。

お庭で一番日が長くあたる東側に、ラズベリー、チェリー、グースベリー、レッドカラント、 ブラックカラント、そしてイチゴたちを植えた。
11月に植えた当初は、枝って感じだったけど、葉がふさふさしてきて、順調に育っているのが嬉しい。

a0270807_3222971.jpg

これは、チェリーの木。Fanタイプの扇形のタイプで、壁沿いにあまり場所をとらず育てられるのが利点。

a0270807_3244622.jpg

これは、日本ではあまりなじみの無いグースベリー。
かわいい実をつけてます。

a0270807_3284289.jpg

レッドカラントかブラックカラント?

a0270807_3261120.jpg

イチゴもありすぎるくらいたくさん植えてます。
去年、とっても小さい苗を3つ買っただけなんだけど、根を分けて、どんどん株が増えました。
採りたてのイチゴ、早くほお張りたい。。。

それでは、また明日。
読んでいただいて、ありがとうございました。
[PR]

# by chocochan-uk | 2012-05-08 02:37 | ガーデニング

つるバラに憧れて

イギリスの花=バラといってもいいくらい、代名詞的な花。

私も庭造りの中に、バラを加えないわけにはいかない。

確かにゴージャスできれいだけど、とげもあるし、病気などのケアとかが大変なんではなかろうかと思ってました。

実際にまだミニバラの鉢植えくらいしか育てたことがなかったので、あれこれどの種類にするかかなりリサーチしました。

a0270807_137498.jpg

で、決めたのが、New Dawn(ニュードーン)というクライミング・ローズ。
近くのガーデンセンターで購入した。
有名なブリーダー、DavidAustinのバラなら、安心?だし。

で、植えたいのが家の前側スペース。
北側なので、日が西日しか当たらない。イギリスのサマータイム中は、最大9時ごろまで明るいので、まあ十分と言えば十分なんだけど、日陰に強くて、丈夫な品種に飛びつきました。

去年の6月に植えて、現在はこんな感じ。
a0270807_4545642.jpg


ぐんぐん成長してます。
去年は4輪ほどしか花が咲かなかったけど、今年はもう少し多くの花が見られるといいな。
[PR]

# by chocochan-uk | 2012-05-07 01:48 | バラ

Landscape 庭造り

昨晩、ブログはじめます宣言した(誰もきいてないって)のはいいが、さて、何から書き始めようか。

ここ最近のイギリス、かなり天気悪い。
私が来てからの春っていうのは、夏より安定した天気だった印象があったのに、この春は最悪である。

4月は記録的な雨続きで、雨が降らなかったのは、4月1日だけだそうだ。
エイプリルフールではありませんよ。
1日いっぺんはどこらしかで、雨が降っていたということか。。。

イギリスはほんとに1日のうちで天気が変わりやすい。
女心とイギリスの空。。。晴れていたと思ったら、雨雲がどっかから現れては、さっていく。。。

イギリスの気象予報士さんも大変である。
雨と曇りと晴れが一緒になった天気予報マークみたことある?
ここではそんなんばっか。

それでもここ2シーズン、ドライな冬が続いたので、まだ水不足解消には至ってないとか。。。
庭の水遣りにホース禁止条例なんて、でていますから。

さてさて、天気の話はいいかげんにやめておいて、本題 「庭」にうつらないとね。

この春から本格的に庭造りをしていこうと思っているのに、寒いし、いつ雨が降り出すか分かんない空では、やる気も起こらないが、ボチボチやっております。

さて、我が家の庭は、引っ越した当初は、芝生に味気ないパティオがあっただけ。
パティオ(Patio)とは、イギリスの裏庭には必ずといっても存在するスペースで、家に隣接した部分に石畳などを敷いて、テーブルやチェアーなどをおいたりする場所って感じかな。
天気がよければ、ごはんしたり、BBQしたり...ってね。

去年の9月に大改造をした。
かなりの作業が必要だったので、業者さんに委託して、1週間ほどで完成。

庭側から
a0270807_18424291.jpg


家側から
a0270807_18404951.jpg


完成
a0270807_18491843.jpg

パティオにパーゴラも建てた。

a0270807_1854228.jpg

パティオのスペースを広げ、芝生を減らした。
イギリスの芝は年中緑で、ちゃんと手入れされていればきれいだけど、夏は毎週芝刈りしないといけないし、私には未練はございません。芝アレルギーでもあるから、6月はいつも悩まされるだけだし。
そこらかしこにあるので、アレルギーはなくならないけどね。

型は出来上がったので、あとは、植物ちゃんたちを迎えるだけ。
でも、ガーデニングにはお金がかかります。
そんなにいっぺんに、あれもこれもは無理です。

一歩一歩、時間をかけて、理想のガーデンに近づけるように、長期計画でがんばりますっ。
[PR]

# by chocochan-uk | 2012-05-06 19:12 | 庭造り

ガーデンブログはじめてみました。。。

イギリスに住んで、5年8ヶ月ほど。
2年ほど前に、新築を買ったのをきっかけに、土いじりしてます。

イギリスでは、中古の物件がほとんどのため、普通は代々受け継がれたお庭があることが多いです。
しかし、我が家は、ただ芝生だけ敷き詰められた箱でした。

日本でその昔、サボテンをも枯らしことがあるくらい、超植物音痴のわたしが、こともあろうことに、異国で庭造りにトライする羽目になるとは、人生何が起こるかわかりません。

花も木も何もないスペースをいつか素敵な庭にすることを夢見て、長期計画でがんばって行きたいと思ってます。

choco
[PR]

# by chocochan-uk | 2012-05-06 08:02 | はじめに