心配なウィリアム

この間、植えたばかりの「ウィリアム・シェークスピア2000」がちょっと心配な状態に陥ってます。
a0270807_1923559.jpg

購入してから2週間は、そのまま家の後ろ側のパティオにおいておいた。
その間、強風と雨風に当たってはいたので、支柱は施した。

雨があまり降ってなかった期間に、ちょっと油断してあまり水を与えなかったのがいけなかったのか、下の方の葉が少し黄色に変色してしまった。
a0270807_19232992.jpg

ポットの土もかなり水はけの良いものだったみたいで、水がすぐ乾いてしまっていたのだ。
ちょっと注意不足でした。

花も外側だけが開き、中央は丸くなったままの花をつけるようになった。
私は強風のせいだと思っていたのだが、これは病気なのか?
a0270807_19235246.jpg

蕾も細く、茶色ぽくなって、枯れそうな感じなものもあり、かなり心配かも。
a0270807_19245862.jpg


地植えした場所で、落ち着いてくれるといいんだけど、初めての経験でどうしていいかよく分からない。
一応、開ききらない花や枯れそうな蕾、変色した葉は全部取り除いてしまった方がいいのかな?
[PR]

by chocochan-uk | 2012-07-05 11:22 | バラ

つるバラ「ニュードーン」真っ盛り

ほんと、寒い。
ウィンブルドンも連日の天候不順で、試合中断ばかりしてる。
センターコートは屋根がついてるので、インドアテニストーナメント状態だし。。。

それもそのはず、6月は記録尽くしだったそうで。。。(記録開始した1910年以降で)
私がイギリスに住んでからの6年間では最悪と思ってましたが、それどころの騒ぎではなく、100年間で最悪ですから。

雨量過去最高
145.3mm
いつもの2倍だそう。
ちなみに日本は梅雨ですので、200ミリほどみたいですね。


2番目に短い日照時間

119.2 時間 
1日換算すると約4時間ですか。この時期は本来は9時過ぎまで明るいからなあ。

過去最低の平均気温
12.3℃
日本はこの時期でも20℃以上でしょうから、ほんと寒すぎです。

先月だけでなくて、4月も記録塗り替えてましたから、ずーと雨期状態です。
5月の中旬にきた10日間だけだったな、安定した夏日だったの。

7月こそはきっと夏来ると願いたいけど、今のところは最悪。
オリンピックも始まるのになあ~

さて、気持ちを切り替えて、お庭のローズですね。

我が家のフロントガーデンに植えてある2年目の「New dawn/ニュードーン」
初めてのオースティンのバラでした。
去年は5輪ほどしか咲かなかったけど、今年はすごいです。
a0270807_16251279.jpg


可憐な淡いピンクの花。
a0270807_1619255.jpg

何か癒し系の花だなあ。花びらのヒラヒラした感じとか。
a0270807_16194756.jpg

はい、もう一丁!素敵でしょ?
a0270807_16253032.jpg


かなり成長してますが、今年の剪定はどれくらいすればいいんでしょうかね。
勉強しないと。

北側ということで、日陰にも強い品種を持ってきましたが、今のところ大成功。
といっても、今シーズンは夕方以降太陽さんが出ていることが多く、返って日照時間が一番ある場所ではないかと思うくらい。

強風で花びらも散りがちで、お掃除しないと。。。
[PR]

by chocochan-uk | 2012-07-04 17:19 | バラ

ローズミックスボーダー作り

月曜は雨模様からはじまり。まあ珍しいことではないけど。。。
今週はけっこう不安定な空模様みたいで、今か今かと夏の到来を待ってますが、暦だけは進んでいってしまう感じ。

さーてと、DavidAustinナーサリーから連れ帰ってきた3種のバラたちを、そろそろ定住させてあげないといけませんね。
というわけで、植え付け作業をした。

いつもコンポストと一緒に、肥料も混ぜて植えますが、今回はこの間新しく入手した製品を使用。
その名も、「Rootgrow」
RHSが商品化したもので、360グラム入りで、10ポンド(1300円くらい)もした。
何でも”フレンドリーな”mycorrhizal fungi が売りらしい。
ナチュラルプロダクトなので、環境にいいということで「フレンドリー」と歌ってるみたいだ。
そもそも、mycorrhizal fungiとは何ぞや?ってな感じな私ですが、日本語では「菌根菌」というらしい。
プロのガーデナーたちもお勧めするこの製品を使わないわけにはいけません。
まだまだ庭木も増やす予定の我が家には、必要だしね。
a0270807_16512612.jpg


植える場所は、ガーデン西側のボーダー。
ここはバラと宿根草のミックスボーダーを作るための場所とすることにした。
今は、植えるところがなかったスイートピーやルピナスも入っているが、特にスイートピーは1年草なので、シーズンが終わったら、他のバラも入れる予定。
あと、義母から株分けしてもらった、アジサイも入れてあるっけ。
枯れ果てたつばきは、抜き取り、スペースを確保。

ガレージ側面に面しているので、奥にはクライミングローズを入れたい。
旦那にワイヤーもつけてもらい、準備万端です。
a0270807_16545064.jpg


手前には、「レディ・オブ・シャーロット」と「ウィリアム・シェークスピア2000」を並べていれた。
a0270807_18555518.jpg


その後ろには、ランブラーローズの「Phyllis Bide/フィリスバイド」を植えたが、背丈がシャーロットと比べると低く、隠れてしまった。けどそれも時間の問題で、すぐ追い抜かしてくれるでしょう。
a0270807_16535765.jpg


アジサイの横には、もう1種クライミングを入れる予定。
候補も「スノーグース」とか「マルヴァン・ヒルズ」とかあったが、今はピーチピンクの「A Shropshire Lad/ア・シュロップシャー・ラド」に心傾いている。
a0270807_18572166.jpg


シャーロットまだ買ってばかりなのに、どんどん花を咲かせてくれてる。
もうほんと大好きなローズとなったよ。
a0270807_18562542.jpg

ウィリアムは地植えする前に、先週の強風にやられてしまい、美しい姿になる前に、ダメージを受けてしまった花たちがちらほら。。。
ここの場所は風の影響はちょっと軽減されるようなので、大丈夫だといいけど。。。
a0270807_1856451.jpg


あとは、バラたちと共演させる宿根草などをセレクトしていかないとね。
将来的には、ここのボーダーのスペースをもっと増やす予定。
現在は、前に木のボックスの砂場がおいてあるが、他のところへどかせば、広げられる。
そうすれば、もっとバラが増やせる。。。。ウフフ


人気ブログランキングへ
今日も応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-07-02 20:29 | バラ

バラ☆薔薇☆ローズ

我が家のバラも次々と咲いてきました。

毎日、ウィリアムさまの甘い香りに酔ってます。
a0270807_1846576.jpg


シャーロットとの相性もいいんじゃないかと思うんですよ。
a0270807_1848758.jpg


シャーロットは8輪ほど同時に咲いてて、とっても明るい感じで気に入ってます。
ハチも気に入っているようですね。
a0270807_18513099.jpg


フロントボーダーにあるクライミングローズの「New Dawn ニュードーン」
a0270807_18494738.jpg

淡いピンクの花を次々と咲かせ始めた。
a0270807_18485272.jpg

かわいらしいなあ。
a0270807_18491975.jpg


それから、パゴーラに這わせた「Francois Juranville フランソワ・ジュランビル」は初めて開花。
a0270807_18501328.jpg

まだまだ、背丈は小さいですが、確実に成長してるし、蕾もそれなりにつけてる感じ。
こちらは、てんとう虫に好かれてます。
a0270807_1851364.jpg


終わりかけのバラを切って、飾ってみました。
まだまだバラも少ないし、たくさん切ったらなくなってしまうので、少しだけ。
でも、こういうの憧れだったわ。
家の中で甘い香りも堪能できるなんて、ちょっとした贅沢気分。
a0270807_23335661.jpg



人気ブログランキングへ
今日も応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-26 23:42 | バラ

イングリッシュローズって、何て良い香りなの~

今まで生きてきて、バラの匂いを嗅ぐ機会はそうそうなかったように思う。

この間のオースティンのローズガーデン訪問で、バラの香りにに完全ノックアウトです。
写真でも美しさは分かるけど、香りまで分からない。
いくら、ティの香りとか、ブラックカラントとかハニーとかアップルとか、カタログに説明があっても、実際に匂いをくんくんしてみるまでは、ピンとこないよね。
まるで、ワインかのような、香りのバラエティさには、驚いた。
バラって一言でいっても、色々な香りがあるんだね。

オースティンのバラ園に行くにあたって、一応欲しいなあと目星をつけていたバラに「William Shakespeare 2000・ウィリアム・シェークスピア2000」があった。

園内の星の数ほどあるバラの中から、ようやくウィリアムを探した。(旦那が 笑)
この色系のバラは、Darcey Bussellばかりしか見つけられず、愛しのウィリアムさまはどこ?状態だったのだ。
それもそもはず、まだあまり咲いてなかった。
予想してた通り、ビューティフォーだったのだが、何よりやられたのがその香り。
何とも言えない甘い香りがするんです。カタログには強い、ウォームなOld roseの香りと描いてありますが、こういう香りがオールドローズ香なんですか?ってな感じで私には未知のものだった。
a0270807_2323859.jpg


連れて帰ってきたウィリアムさま。1メートルほどしか成長しない小さめのシュラブローズということですが、かなり大きくなった大苗で売ってました。
a0270807_23454290.jpg


まだパティオに置いたままですが、太陽が出ていれば、日が長く当たる場所なので、もう何輪か咲いてきた。
a0270807_2331458.jpg

1日1枚は撮ってしまう。この形が完成形かな。
a0270807_233429.jpg

くどいけど、もうワンショット!
a0270807_2314696.jpg


それと、前にも紹介した「Lady of Shallot」も開いてきた。
a0270807_2345743.jpg

こちらも、ウィリアムほど、強くはないけど、また違った良い香りがする。
a0270807_2354257.jpg

キッチンの窓からこのバラたちを眺めるのが日課になった。
にわかに華やかになってきた我がガーデン。
週末は、これらを地植えしないと。。。
a0270807_2361238.jpg



人気ブログランキングへ
今日も応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-23 00:23 | バラ

ミニチュア・クライミングローズ

いつもだったら、この時期のイギリスは、過ごしやすいはずだ。
気温も20度前後上がって、雨も少なく、湿気もなく、さわやかな風が吹いたりして。。。

昨日なんて、1日中雨が降っていた。イギリスは確かに曇りも多いし、いつ雨が降ってくるか分からない時も多いが、1日中雨なんてことは、まれ。

ガーデンの雨水タンクももう満杯だし、外においてあるバケツもフルになってます。
今年はこういう年だとあきらめの境地です。

ふと今年の「ジューンブライド」は、雨が多くて寒くって、最悪だなって思ってしまった。

あと、10日間ほどは、このような不安定な天気が続くとの予報がでてるが、オープンガーデンにもいけません。

はっきりいって、ストレスたまってるぞー。

そんな私の暗い気持ちを、少しでも晴れやかにしてくれるバラを選びましたよ~

Warm Welcome(ウォーム・ウェルカム)というパティオ・クライミングローズです。
パティオという名前がついてるので、あまり大きくならず、鉢植えに向いてるバラというのも決め手となった。
お値段は、11ポンドほど(1350円位)でした。DavidAustinブランドじゃないので、安めです。

a0270807_4213775.jpg

英語での説明だと、こんな感じのバラです。
Type タイプ : Patio Clb パティオ・クライマー
Flower Colour花色: orange red オレンジレッド
Fragrance香り: 3 to 5 Medium 普通
Flowering Period花期: late spring to frost 晩春から初霜まで
Plant Height 高さ: 225cm
Plant Width 幅: 90cm
Year of UK Introduction作出年: 1990年

お気に入りとなったナーサリーで「Plants of this month」今月の花ってコーナーで紹介されてあった。
何か、この明るいオレンジ色を求めていた心境だったのかも知れない。

我が家のパティオは庭の半分くらいを占めてるほどなので、案外地植えできるスペースは少ない。
っていうか、自分達で決めたことなんだけどね。

そのパティオの半分弱はパーゴラが占めているので、残りのスペースにこのバラをおこうと決めた。
南側の家の壁だったら、日当たり良好だろうし。
a0270807_4221382.jpg

家の壁がクリーム色ぽく明るいので、明るいオレンジ色が映えてくれるかな?
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-12 18:40 | バラ

6月なのに、さむいイギリス。バラもスローペース。

6月だと言うのに、さぶ~い。
今日、朝セントラルヒーティングをオンにしてしまったよ。

ローズガーデンも今週はやめた。来週はいけないので、再来週に天気がよかったら、絶対にDavidAustinのガーデンへいくぞ~

我が家のトーマスも最終の形になったって感じかな。
a0270807_3214318.jpg

蕾も大きくなってきているのがたくさるあるので、ぜひ同時に何輪か咲いて欲しいものです。

夕方天気良かったので、(最近いつもこんな感じ)、家の前側に植えてあるつるバラ「ニュードーン」の誘引をした。
誘引なんてたいそうな言葉使っていいのか分からないくらい、ちょー適当に紐でくくってみた。
a0270807_3221629.jpg


蕾も数えられないくらいつけてます。
開花が待ち遠しい~
a0270807_3224249.jpg



人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-10 03:26 | バラ

アリエッティにトーマス

今日は子供たちと一緒に「借りぐらしのアリエッティ」を見た。
今月からイギリスの大手レンタル会社「LOVEFiLM」と契約して、その第一号が郵便で送られてきたのだ。

この間、若い(これは強調しなくてもいいけど)営業マンの勧誘に、契約してしまったんだな。
といっても、パナのスマートテレビとブルーレイプレイヤーも買ったことだし、映画でも見たいなあって興味はあったんです。
でも、これからウィンブルドンやオリンピックが始まったら、時間的に余裕がないんじゃないかと思って、二の足を踏んでいたところだった。

でも、今なら1ヶ月分の値段(7.99ポンド)で、3ヶ月間契約できるという言葉にほだされたわ。
それに、3ヶ月間は借りたい放題だし、ネット配信のサービスもある。
そのあとは、続けるもキャンセルするも、他のパッケージに変えるのも選択は自由ってなわけ。

何しろ手軽なところがいい。ウェブサイトから借りたいDVDをリストにいれておけば、送ってきてくれる。
それを見終わったら、またポストに入れるだけ。

肝心のアリエッティの感想ですが、普通に楽しめました。今までのジブリ作品の中では、地味な感じかもしれないけど、良かったです。ナウシカやラピュタには敵わないけど、系統としては、ほのぼの系トトロに近いかも知れませんって、日本の皆さんには、アリエッティは古い話ですね。もうすでにテレビでも放送されたようですし。
息子たちも最後まで飽きずに観賞し、良かったと言ってました。
娘は最初の20分で脱落です。まだ集中が続かない年頃だから仕方が無いかな。

さーて、次は何を借りようかな~~ってもうリストには入れてあるけど。

最後に、今日のトーマスさんの様子です。
徐々に開いてきました。
a0270807_0155232.jpg

a0270807_1452996.jpg


まだ1輪だけど、存在感バリバリですね。
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-08 01:18 | バラ

祝グラハムトーマス開花!!!

ついに、この日がやってきました!っておおげさですが、うれしいです。

ミニバラを除けば、まだうちにあるバラは、去年初めて買ったイングリッシュローズ「New Dawn ニュードーン」、4月に買った「Francois Juranville フランソワ・ジュランビル」とこの「Graham Thomas グラハムトーマス」だけ。
そして、今年第一号のバラの開花をみたのである。
興奮しないわけがありませんよね。

まだ、完全に開いてませんが、いいんです。
a0270807_6471057.jpg

a0270807_647309.jpg

a0270807_647437.jpg

同じ花を違う角度から、3連発でした。

他の蕾たちも、続いて咲いてくれ~


人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-06 22:46 | バラ

これはグラハムトーマスさんですか?

夏のような天気が続いてるイギリスです。
朝日が差し込む庭にでると、とっても気持ちがいいもんですね。

我が家のまだ小さなグラハムトーマスも25程の蕾をつけてる。

ガーデンセンターで壁に這わせたクライミングローズ。
a0270807_16501966.jpg

黄色なバラなんですが、グラハムかな?ちょっと違う気もするんですが、まだバラの種類見分けつかないよ。
a0270807_16523294.jpg


さあ、今日も1日娘に振り回されてきまーす。
[PR]

by chocochan-uk | 2012-05-25 08:45 | バラ