David Austin ローズガーデンレポート その6 ラスト

昨日は、久しぶりにミュージカル見てきた。
「Sister Act シスターアクト」というコミカルなミュージカルで、邦題は「天使にラブソングを
」です。ウーピーゴールドバーグの映画のミュージカル版ですね。
ノリノリで楽しんできたので、今日はちょっとお疲れモード。
場所もロンドンではなく、市内(5分ほど)で公演があったので、ラクちんです。

NYにむかーし留学していたころは、貧乏ながら、ブロードウェイもたまに見に行ってましたが、今はあまり行けてないので、もっともっと見に行きたいなあ。昨日見て、やっぱミュージカルは楽しいと思っちゃいました。

さーて、最後のDavid Austinのレポートとなりやした。ようやくですが。
ちょっと、端折ってますが、一応全部見終わったので、園内のカフェでティータイム。
上空では、まだゴーゴーうるさい音をたてて、航空ショーが続いていて、落ち着きませんが。。。

ティーポットやカップもバラ柄でかわいい。ティーも美味しかった。
a0270807_18563090.jpg


私たちのテーブルの向こう側の敷地内に、ピーコック・クジャクを発見。
最初は、羽根を広げてなかったけど、もう1羽が近づいてくると、
a0270807_1904846.jpg

きれいな羽根を広げてくれた。ゴージャスな鳥だこと。
a0270807_1925182.jpg


閉園まで、30分を切ったので、急がないといけなくなった。
まだまだゆっくり見たかったけど、最後早く家に持ち帰るクライミングローズを決めないといけない。

ローズと宿根草のミックスボーダーを作るために、シュラブローズを2種選んだ。
前の記事も紹介した、「ウィリアム・シェークスピア2000」と「レディ オブ シャーロット」の2種。
後、ガレージの壁面に這わすクライミングかランブラーローズも2種欲しかった。

候補としては、「Malvern Hills/モーヴァン・ヒルズ」
やさしい感じの黄色の花でランブラーだけど繰り返し咲くのもポイント高い。
棘もほとんどなさそうでボーダー奥でも扱いやすそう。
a0270807_1971156.jpg


次は「Snow Goose/スノーグース」
こちらも同じように、繰り返し咲くランブラー。
コンパクトなランブラーみたいでこちらも扱いやすそう。
もちろん、白い花もかわいらしいし。
a0270807_1975559.jpg


こちらは「Teasing Georgia/ティージングジョージア」だったかな。
背丈はあまり大きくならないけど、半日影でも優秀に育つバラというのが良い。
植えようと思ってるところは、午前中しか日が当たらないからだ。
a0270807_19104588.jpg


最後は、「Phyllis Bide/フィリス・バイド」
ランブラーだけど、こちらも繰り返し咲き、花持ちもよい。
持ってる本の写真ではあまり欲しいとは思わなかったが、実際に見て欲しくなった。
黄色やサーモンピンクが交じり合った感じがいいなあと。
a0270807_1951255.jpg


まだ候補はあったけど、とりあえずは自分の目でしっかり確認できたつるバラを買うことにした。
結局は、フェリス・バイドとモーヴァン・ヒルズに決めたのだが、モーヴァン・ヒルズは1鉢しか残ってなく、あまり良くなさそうな鉢だったのであきらめ、フェリス・バイドだけ購入した。
a0270807_22203387.jpg

かたまって咲くと、1つの花みたいになって、良い感じかな。
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-27 22:27 | ナーサリー、ガーデンセンター

David Austin ローズガーデンレポート その5

花粉症のピークで、ティッシュが手放せなくなっている今日このごろ。
後、2週間ほどの我慢です。
まあ、今年はアレだけど、一番良い時期の英国で、花粉症にやられるわたしは、ちょっとかわいそう。

今日からは待ちにまったウィンブルドンが開幕するし、ユーロサッカーも佳境に入ってきて、スポーツ観戦好きの私は目が離せない日が続きます。

その合間に、DVD観賞もしないといけないし、一番削られるのは家事ですな。
今週の我が家にはまともな食事がのぼるでしょうか?笑

週末はアバターみたけど、これぞ、ザ・エンターテイメントという映画でした。
これもかなりビックヒットになった映画だったし、ようやく見る機会ができた感じです。
DVDが3Dだと思って、家族全員で3D用メガネをかけてスタンバッっていたけど、2Dだったわ。
まだ3Dは出てないんだね。ブルーレイなので2Dでも十分、鳥肌もんの映像だったけど。
次はUpの3D版でも借りようっと。

えーと、ガーデニングの記事を書かないとね。
まだ、DavidAustinのガーデンレポート終わってないんだった。
もう少し、お付き合いくださいな。

ようやく、半分ほどのローズガーデンを回ってきた感じでしょうか。
ほんっとに、広かったな。

これ、Moss roseって種類だけど、コケで覆われているバラなんて、初めてみた。
残念ながら、開花しているバラはなかったけど、どんな感じになるのか興味あったな。
a0270807_042281.jpg


ここは、長方形な感じのローズベッドでした。それぞれの支柱には、色々なクライミングローズが見られました。
a0270807_0445019.jpg

一部しか写真に納まりませんが、こんな感じ。
a0270807_0561366.jpg

みつけた!って何のバラだと思いますか?(7月咲なので、まだ数輪しか咲いてなかった)
a0270807_0473231.jpg

そうです、「Francois Juranville フランソワ・ジュランビル」です。
我が家のパーゴラに這わせることにしたこのバラ、咲いてるところ実際に見たかった。
うちのは背丈はまだまだちびちゃんだけど、蕾が開きそうなものもあり、もうじき、こんなかわいいピンクの花を咲かせてくれることでしょう!楽しみです。
a0270807_046747.jpg


こちらは、ガーデンのテーマが「ビクトリア・ガーデン」と書いてあったかな。
a0270807_0521651.jpg

円形のガーデンでしたが、どこがビクトリア調なのか、分かりません。
a0270807_0533822.jpg


次で最終となりますので、また遊びに来てくださいね。


人気ブログランキングへ
今日も応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-25 17:42 | ナーサリー、ガーデンセンター

David Austin ローズガーデンレポート その4

雨降ったり、晴れたり、曇ったり、典型的な変わりやすいイギリスの天候でした。

さあ、どんどんレポート書いていかないと、忘れてしまいます。

雨粒がつまめそうなこの写真からスタート。
a0270807_18263130.jpg


続いて、ピンク系のローズガーデンへ足を踏み入れていきましょう。
a0270807_18274499.jpg


上空では、航空ショーの真っ只中。
a0270807_18282782.jpg


ローズではなくて、皆さん、思わず上を見てしまってます。
a0270807_1831325.jpg


次男と娘も休憩しながら、ショー鑑賞中。
a0270807_1829317.jpg


バラをみたり、ショーを見たり。。。それなら、バラと飛行機を一緒に撮っちゃいましょう。
a0270807_18312946.jpg


「The Generous Gardener ザ・ジェネラス ガーデナー」
優しいピンク色のクライミングローズ。園内の至るところにあったっけ。
とってもヘルシーなバラみたいですね。
a0270807_1833084.jpg


今日の締めくくりは、怪しげな像のまわりに彩られたパープルのバラで。
多分、「Darcey Bussell」だった気がするけど、自信は全くないでーす。
a0270807_18333624.jpg


では、また明日。(多分)


人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-22 04:06 | ナーサリー、ガーデンセンター

David Austin ローズガーデンレポート その3

さあ、続いて、ガーデンレポート第3弾いきます。

歩いていった順番に写真を紹介していきましたが、今日は私が特に気に入ったバラを紹介します。

本やみなさんのブログなどで、素敵なバラの写真を見ながら、こんなバラが家のガーデンにもあったらいいなあなんて妄想していたわけです。

もちろん、ピンクや赤系バラも良かったですが、実際に目で見て、惹かれたのが、アプリコットやオレンジ系のバラでした。

まずは、この「Summer Song サマーソング」というバラ。
a0270807_188106.jpg

色は濃いオレンジ。英語では「Burnt Orange」焦げたオレンジって直訳だけど。
日本語では樺色(かばいろ)って表現するみたいですね。
a0270807_1885718.jpg

形も丸っこい感じで、だんだんフルカップに開いていくそうです。
まだあまりたくさんは咲いてなかったけど、これからが本番でしょう。
返り咲きもエクセレントで、香りも強い、優れたイングリッシュローズ。

もう一つは、「Lady of Shalott レディ・オブ・シャーロット」
2009年作出された新しいバラです。
a0270807_17595480.jpg

ラベンダーとの相性もバッチリですかね。

a0270807_1822249.jpg

少し黄みがかったオレンジで、ほんと素敵でした。
a0270807_1816025.jpg

こちらのはまだまだほとんど咲いてませんが、とにかく気に入った。
a0270807_1821246.jpg

カタログには、丈夫で強健育てやすい、返り咲きもエクセレントとある。

もう一つ前記事でも紹介した「グレース」も合わせて、どれにするか非常に迷ったが、とりあえずお持ち帰りすることにしたのは、こちら
a0270807_1921473.jpg

「Lady of Shalott レディ・オブ・シャーロット」 16.95ポンド(約2100円)
a0270807_1923568.jpg

まだ、そのまま鉢植えのままですが、今日みたら、少し蕾が開いてきたのがありました。
蕾は赤みがかってます。

同じような色合いのバラを同時にいくつもは今は合理的でないので、サマーソングとグレイスはあきらめましたが、いつかまたの機会にでも。

では、今回の締めくくりは、これらの写真でもどうぞ。
名前は確認し忘れたけど、オレンジ系とピンク系のバラの共演に見えます。
a0270807_19165654.jpg

a0270807_19161649.jpg



人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-20 19:26 | ナーサリー、ガーデンセンター

David Austin ローズガーデンレポート その2

引き続き、David Austin ローズガーデンレポートその2をお送りします。

昨日は建物横の鉢植えされたバラたちを紹介しました。
全体写真を撮ってないので、忘れてしまいましたが、20種類ほどはあったでしょうか。
鉢植えといっても、巨大な鉢でしたが。

その敷地内の壁際には、ランブラーローズが誘引されてましたが、まだ蕾オンリーでした。
ちなみに、バラの名は「Belvedere」 初耳でしたが、ソフトピンクの花を咲かせるようですね。
a0270807_17134298.jpg


一応テーマごとに分かれている感じでしたが、最初のガーデンはコッテージガーデン風だったでしょうか。
名前はついていたかも知れないけど、見落としました。
バラと他のプランツとのミックスボーダーでした。

全体像はこんな感じ。といっても、大きさはこの写真の倍以上あります。
a0270807_17145473.jpg

意図した訳ではないですが、左側に花を見ていた娘が入り込んでました。

濃いピンク系のバラとラベンダーカラーの花とのコラボ。素敵です。
a0270807_17201643.jpg


壁側にはもちろん、クライミングやランブラーローズがいっぱい。
a0270807_17212364.jpg


ゼラニウムはバラと相性いいんですね。たくさん植えてあった。
a0270807_17225450.jpg


ここのベンチで持参したサンドイッチを食べて、ちょっと休憩。
バラに囲まれ、至福のときです。
a0270807_17235493.jpg


かわいらしいピンクの花も。
Persicaria Bistorta "Superba"とありました。
ちょっと調べてみると、6月から10月まで花を咲かせる宿根草みたいですね。
今度ナーサリーで探してみよう。
a0270807_17253047.jpg


これは、グレースだったかな?アプリコット系のバラに惹かれるみたい。
a0270807_17281457.jpg


まだ蕾も多いですが、満開になったらもっときれいなんだろうなあ~
a0270807_17292535.jpg


たまには、バラのドアップも。
a0270807_17301538.jpg

「Teasing Georgia ティージング・ジョージア」 半日影でも大丈夫で丈夫なショートクライミングローズ。
Henry Edland Medalの2000年大賞受賞(ベスト芳香部門?)らしいです。
確かに良い香りがしたなー。
これも至るところに植えてあったような。大きなカップのクライミングで見栄えも抜群ですね。


「Princess Anne プリンセス・アン」とゼラニウムの共演かな?
a0270807_17332337.jpg


スイマセン、何だか疲れてきました。
後は、写真たちに語っていただきます。
a0270807_17312815.jpg

a0270807_17344511.jpg
a0270807_17355894.jpg

a0270807_17391365.jpg


明日はまた続きをがんばりマス。


人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-19 19:08 | ナーサリー、ガーデンセンター

ついに実現。David Austin ローズガーデンへ行く。その1

いまだ、夢見心地な月曜の午前中。
それもそのはず、数え切れないほどのバラに囲まれてきましたから。

David Austinのガーデンは我が家から97マイル、約156キロほど離れたところにあります。
天気は多少心配だったものの、待ちきれず、決行しました。
ほとんどモーターウェイ(高速道路)を通り、1時間45分ほどのドライブで到着。

ガーデン近くになり、かなりの渋滞というか、道路わきにたくさん車が停まっている。
何事かと思ったら、近くの基地で航空ショーが行われる日だったみたいだ。
ガーデンへ続く道にも、サインがあり、「ガーデンのカスタマーオンリー」と書いてある。

駐車場へ入っていくと、今日は航空ショーがあるからということで、駐車場代を徴収された。
でも、ガーデンでお買い物すれば、返金してくれるらしい。

a0270807_1931139.jpg

ほんと、何やら飛行機が見える。
でも、いやいや連れてきた息子たちにとっては、他に楽しみがあってよかったよ。
偶然に感謝!

a0270807_1836736.jpg

じゃじゃーん、ここがDavid Austin ローズガーデン。
カタログなどで、もしかしたらおなじみかも知れません。
この建物は、レストランで、バラを見ながらお食事なんて、なんてロマンチックなんでしょ。

出入り口はこちらから。
a0270807_18411095.jpg

あ~もう至る所にバラたちがお出迎え。
もう興奮しすぎて、鼻血寸前なあたし。

中に入ると、おしゃれなガーデニング雑貨たちが目に入り、ついつい立ち止まってしまいますが、旦那の「バラを見に来たんでしょ?」の声に、とりあえずバラを見に外へ出ることに。
a0270807_18452783.jpg


外にでると、すぐ脇に「グラハム・トーマス」さまがお出まし。
a0270807_18491577.jpg


建物横のスペースは、見たことがないような巨大な鉢植えのバラたちがおいてあった。
a0270807_1912456.jpg

「Grace グレイス」 すごい気に入ってしまって、最後まで他のバラとどちらを買うか迷った。

a0270807_1922568.jpg

「Wisley 2008 ウィズリー2008」 お美しい~

a0270807_1942158.jpg

「Darcey Bussell ダーシー・バッセル」 ガーデン中至るところに植わってた印象。
カタログ見てみて納得。「one of the best and most healthy red roses(赤いバラの中で、もっとも病気になりにくいベストな品種のひとつ)」と書いてあり、自慢のバラみたいですね。
返り咲きもエクセレントとあります。

屋根の上を見ると、何やら緑の物体が見えます。
何か分かります?(スマホはズーム機能がないので、遠目ですが。。。)
a0270807_195110.jpg

分かった人は目がいいですね。
くじゃくが2羽、いるんですよ。

さあ、いよいよ本格的なガーデンへ入っていきますが、とりあえず今回はここまで。
もったいぶってる訳ではありませんよー。娘とも遊んでやらないとね。

いつも、読んでいただいてありがとうです。

人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-18 18:56 | ナーサリー、ガーデンセンター

普通のガーデンセンターでした。

今日は(も)ゆっくり起き、昨日の疲れを癒してます。

午前中は、お庭に出て、色々チェック。
ついに、グラハムトーマスさまが、その美しい姿を見せつつあります。
写真は次の記事でアップしますねー。もったいぶってるわけではありません。笑

そのあと、チューリップの球根掘り出しをやり、更なる収穫のために、サラダ菜関連も種まきしておいた。
毎日、フレッシュな採りたてサラダを摘んでます。

今日は、月曜にパブランチの後に行った、ガーデンセンターのこと。

まあ、結論からいって、取り立てて感激するようなガーデンセンターではなかったですが、この辺に色々チョイスがあるという点はいいですよね。
入り口を入ると、
a0270807_20585754.jpg


グリーンハウスの中のたくさんのプランツたちがお出迎え。
a0270807_20592766.jpg

夏向けの花壇用花々たちがいっぱいで、どこのガーデンセンターも同じような品揃え。
そんな中で、Osteospermumというアフリカンデイジーを買ったので、こちらも次の記事にアップします。

これなんか目立つ花で、いつも気になるんですが、、、
a0270807_21032.jpg


タイムリーな話題のダイアモンド・ジュベリーの記念グッズなんかもあったよ。
ハートでキュートだよね。
a0270807_2102880.jpg


まあ、外はこんな感じってことで。
a0270807_211164.jpg


すぐ道路の反対側には、いつもいってるガーデンセンターがあるのですが、個人的にはそっちのほうがいいかな。そちらのガーデンセンターのほうも、また機会があれば紹介しますね。


人気ブログランキングへ
応援よろしくね!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-06-06 12:58 | ナーサリー、ガーデンセンター

新たなナーサリー発見。

ただいま、真夏のイギリス。
この週末は、太陽燦燦で暑いくらい。
現在日曜の夜9時過ぎましたが、まだ外はうっすら明るいです。

今日は、マナーハウスのガーデンを見てきたので、後日記事アップしますが、その前に土曜にいったナーサリーのご報告を。
いやあ、ナーサリーっていっぱいあるんですねぇ。
やっぱり用がないというか、興味が薄い時は、気にかけないんで、分かりませんでしたが、イギリスってナーサリー多いわ。って日本がどんな感じかも分からないんで、何とも言えないけど。

今回のナーサリーは、ガーデンセンター並みの大きさ。
植物が山のようにあり、たいていのものは何でも見つかる感じ。

建物中に入ると、まずは園芸用品売り場。
そこを抜けていくと、屋根があるところに、花が売っていた。
a0270807_414433.jpg


そこから外に出ると、プランツ満載です。
a0270807_4151193.jpg

こちらも。
a0270807_4165779.jpg

Perennials/宿根草もアルファベット順に並んでました。
a0270807_4172470.jpg

今回の目的は、ズバリ庭木の品定め。
庭の後ろ側に2.3本、3~4メートルほどに成長する木を植えたいのだ。
a0270807_418888.jpg

大きく成長した木々もあったので、すぐにスクリーン効果が見られる木々が見つかりそうだ。

バラやクレマチスもこれでもかって位あったよ。
a0270807_4185855.jpg


エイサー/日本のもみじは絶対ほしいな。
こちらでもかなり人気です。
a0270807_4193089.jpg


とりあえず、下見と言うことで何も購入しなかったけど、店の人にデリバリーのこととか聞いた。
ガーデンクラブ会員として最初に10ポンド払うと、永久に5%オフになるらしいので、庭木を買うときに会員になろうと思ってる。

とにかく、すごいたくさんの種類のプランツに圧倒されてしまったよ。
[PR]

by chocochan-uk | 2012-05-27 21:31 | ナーサリー、ガーデンセンター

ガーデンセンターへ行くの巻き

昨日は結構いい天気で、気持ちよかったので、寄せ植え用の花を買いに行こうと、ガーデンセンターまで行ってきた。
あまり時間がなかったので、最後の方は足早に買わないといけなかったが、まあ満足した買い物でした。

全国チェーン展開してる大手のガーデンセンター「Dobbies」ドビーズの出入り口。
a0270807_142418.jpg


屋根がついてる部分と外のエリアはこんな感じ。
鉢や園芸土だけでもすんごい量で、これはほんの一部。

a0270807_1473668.jpg



オーナメントなんかもたくさんあります。
a0270807_150397.jpg


とにかく、ガーデニングに関するあらゆるものが手に入るところで、日本の鯉や熱帯魚も売ってます。

中は、レストランや食品売り場のほか、本、雑貨、衣料品と観葉植物、家具などもりだくさん。
a0270807_1535026.jpg


グリーンハウスぽいところには、夏用の花壇や鉢を彩る花たちがいっぱい。
a0270807_1584358.jpg


今日の収穫はこちら。
詳しくは、植えた後にしますね。
a0270807_74221.jpg


あと、ガーデンクラブというシステムもあって、年会費10ポンド(1400円くらい)で、いつでも植物10%オフになるし、毎月ドリンクが2回無料なんてサービスつきで、私も去年から会員になったけど、一応元は取れたかなあ~と思ってます。

今日は、イギリスのガーデンセンターの紹介でした!
[PR]

by chocochan-uk | 2012-05-18 02:03 | ナーサリー、ガーデンセンター

ナーサリーに行って色々仕入れてきました。

週末は2日続けて雨降らずということで、久しぶりのお天気を十二分に楽しみました。

と言いたいところだったけど、日曜は昼過ぎまで、ベッドから出れず、、、(※前日飲み会で寝たのが朝方だった私の自業自得)
ちょっと惜しいことをしました。
今朝は天気また悪いし。。。

それでも、土曜にナーサリーに行って買ってきた花たちを、日曜の午後に作業しました。

イギリスで植物を買うとなると、大体近場にある2つのガーデンセンターに行っていた。
たまにお買い得で売っているスーパーでも買うけど。

それか、自分のほしい物が探せるオンラインもなかなか利用価値があるかな。

それと今回は、ナーサリーにもチャレンジ。
ナーサリーというのは、苗木などを育てて、販売しているところで、結構この近くでも至るところにあったりする。
小さい子供を預ける託児所もナーサリーと呼ぶんだけど、確かに小さな物、人を育てると言う意味から、来てるのでしょう。

イギリスでは住宅密集地を出ると、そこは放牧された動物がのんびりする風景になる。
人口20万都市に住んでる私だが、スピードも案外出せるので、市内の端から端まで20分くらいだし、市外を抜けるとそこはもう、超田舎になってしまう。

今回のナーサリーも自宅から20分ほどのビレッジにあった。

初めて訪れるナーサリーに、ドキドキワクワク。
a0270807_1938755.jpg



バラもたくさんありました。
フェンスの向こう側には羊たちが見えます。これぞ典型的なイギリス。
何てのどかな雰囲気でしょう。
a0270807_19464363.jpg


中のディスプレイも素敵でした。長靴の置き方も笑えるし。
ガーデンセンターと比べると小さいし、こじんまりしてるけど、量が少ないだけで、案外種類はあります。
a0270807_1949056.jpg


店の人も親切だし、相談もしやすい雰囲気。
ナーサリーいいかも。

庭の後ろ側に植えたいシュラブ(低木)を2種購入。
a0270807_19584214.jpg

Cornus alba kesserlringii
コルヌス・アルバ ”ケッセルリンギー”
こちらではお庭の定番のDogwoodの種類で、細く伸びた枝の色が美しく、かっこいいです。
3,4年で2メートルほどに成長するということで、私たちにはうってつけ。
そんで、日本語名はと、、、ググったら、黒宝サンゴミズキとあります。

水木系なんだ~
案外、日本語名を調べて、知ってるものだったりすることが多いのが、いかに日本にいたとき、無頓着だったかが分かる。

もう1種が、Pyracantha "Mohave Silver"
ピラカンサだって。初耳です。
夏に白い花を咲かせて後、橙色の実をつけるそうで、枝に棘もあることから、Firethorn ファイヤーソーンとも言うそうです。フムフム、、、
こちらも最終的には、4メートルになるので、後ろ側のスクリーンとしては最適かなっと。
後ろ側の家の2階から家の庭丸見えでいやなんだ。

で、最後は、ハンギングバスケットと、このお花たちを買いました。
アイビーゼラニウムやペチュニア、ディアスキア等適当に選びました。
a0270807_19545883.jpg

ピンク、パープル系ばかりですね。
出来上がりは、また今度アップしますね。
[PR]

by chocochan-uk | 2012-05-14 19:35 | ナーサリー、ガーデンセンター