チェルシーフラワーショー2012

今日は予報通り、朝からものすごく良い天気で、気分も晴れやか。
気温も24度まで上がるそうで、暑くなりそうだ。24度であつい?って思うかもしれないけど、イギリスの冷涼な天気に慣れてしまうと、暑く感じてしまう。

でも待ちに待ったこんな天気、今日はハンギングバスケットに待機している花を植えようっと。

今イギリスでは恒例のガーデンショーが開かれてます。
その名も「チェルシーフラワーショー」
今年は、エリザベス女王の即位60年を祝うダイヤモンド・ジュビリーが6月にあるし、7月はオリンピックも控えているので、ガーデンショーもお祝いムード満載なかんじ。

そのエリザベス女王は毎年かかさず訪れているらしい。
一般人もチケットを買えばいけるので、いつかは行って見たいな。

今年はとりあえず、テレビ中継で我慢してます。
今週から連日放送しているので、楽しく見てるんですが、今日はその中でもバラについてやっていたことを、かいつまんで記事にしたいなと思います。

バラのブリーダーといえば、David Austin。
そのご子息のジュニアさんが、バラを紹介してました。

イングリッシュローズは香りが重要ということで、以下の4種について語ってました。
Crown Princess Margareta フルーティーな香り
a0270807_1818482.jpg

Malvin Hills 
a0270807_18193355.jpg

Constance Spy 最初に作出したバラなので、とても重要。マスキーな香りで魅力的。1季咲きなのが、唯一の欠点。(マスキーってどんな匂い?)
a0270807_18212637.jpg

Graham Thomas このバラは「World’s Favourite Rose」にも選ばれてる。返り咲き?(Repeat flowering)で、ファンタスティックなイエローフラワー。
a0270807_1823020.jpg


最後は、「バラのないガーデンは、ガーデンではない」と締めくくってました。

この中で持ってるのは、グラハムトーマスだけだけど、クラウンプリンセスも欲しくなっちゃったな。
色々欲しいバラがあって、困ってしまう。。。
[PR]

by chocochan-uk | 2012-05-22 18:07 | バラ